【Yシャツ選びのコツ】ストライプの種類と柄の特徴を知ろう!

【Yシャツ選びのコツ】ストライプの種類と柄の特徴を知ろう!

ストライプのYシャツのボタンを留める男性

Yシャツの定番柄といえば「ストライプ」ですが、このストライプの中にも実は細かな種類があることはご存知でしたか。ストライプ柄が与える印象やその特性を把握した上でファッションに取り入れると、良好な印象を与えることができます。
今回はストライプが与える印象や、その種類と特徴について紹介していきます。

ストライプが与える印象は?

ストライプ柄のシャツを上手く取り入れることで知的さやスタイリッシュさを演出することができます。ラインの太さや間隔などさまざまなものがあるため、時と場合や、与えたい印象によって変えてみることがおすすめです。
例えば、細いストライプ柄は繊細で真面目な印象を与えることができ、太いストライプ柄は力強く華やかな印象を与えることができます。仕事をする上で、「どんな自分を見せたいか」を考えてストライプを選ぶことがポイントです。

知っておきたいストライプの種類

ストライプのYシャツとネクタイ

ストライプの種類を細かく見ていくと、以下のような種類があります。
ここに紹介しているストライプの特徴を理解し、ご自身のファッションに取り入れてみましょう。

 

ピンストライプ

細かい線を縦に並べたストライプを「ピンストライプ」といいます。
線が細く、狭い間隔に敷き詰められており、知的でスマートな印象を与えられる点が特徴です。

ペンシルストライプ

ピンストライプよりラインが太く、狭い間隔に敷き詰められているストライプの総称を「ペンシルストライプ」といいます。鉛筆で線を引いたようなはっきりとした輪郭で構成されているストライプ柄なので、ピンストライプのYシャツよりも存在感が出やすい点が特徴です。

チョークストライプ

「チョーク」のような太い線で描いたようなストライプをチョークストライプといいます。
こちらはスーツのストライプ柄として使われている方が多く、ロンドンで働く銀行マンがこのストライプ柄のスーツを着用することから「バンカーストライプ」といわれています。
存在感・信頼感を演出したい場合には、このような太めのラインが描かれたストライプ柄を着用するのが良いでしょう。

シャドーストライプ

シャドーストライプは、遠くから見ると無地のように見えるのですが、角度によってストライプが浮き出て見えます。
光の加減で光沢も出るようになるため、よりフォーマルで男らしい印象になる点もポイントです。着用しているスーツにも品格を出すことができる点が特徴です。

シャツを個性的に着こなすためにも、ストライプの特徴を理解してファッションに取り入れたいものです。
ストライプはYシャツだけでなく、スーツやネクタイ選びでも重要になるため、理解しておくとビジネスシーンのさまざまな場面で活用できます。
シャツ選びにこだわって、おしゃれで印象の良いビジネスマンを目指しましょう!

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ