オーダーメイドするにあたって知っておきたい! スーツの種類と選び方

オーダーメイドするにあたって知っておきたい! スーツの種類と選び方

スリーピースの男性
自分の体にジャストフィットするスーツを着こなしたい方には、オーダーメイドがおすすめです。
スーツをどんな形にするのか、細かいパーツのデザインをどのようにするのかを自分で決められるのがオーダーメイドの魅力といえます。
長く愛用できるお気に入りの1着を手に入れるためにも、スーツをオーダーするときには細部のデザインまでこだわりたいですね。
そこでこの記事では、スーツの種類やデザインについてご紹介いたします。

 

スーツの「ジャケット」のデザイン

まずは、スーツをパッと見たときにも分かるジャケットの種類についてチェックしてみましょう。
スーツには大きく分けてシングルとダブルのジャケットがあります。
また、スリーピース(三つ揃え)のスーツを身につけるという選択肢もあります。

シングルブレストのスーツ
日本の社会人の多くが身につけているシングルブレストは、前面のボタンが縦に1列につけられており、どんな体型の方でも着こなせる定番のデザインです。
縦に並んだボタンの数は、2つのものと3つのものがあります。2つボタンはシャープな印象に、3つボタンはクラシカルな印象に仕上がります。

ダブルブレストのスーツ
ダブルブレストは、ボタンが縦に2列に並んでおり、ジャケットの打ち合わせ部分を大きく重ね合わせて身につけるスタイルです。
ダブルのスーツは、肩幅が大きくがっしりした体型の人ほど美しく着こなせます。
重厚感があり、フォーマルな場にもぴったりですよ。

スリーピースのスーツ
スーツにはツーピースとスリーピースがあります。ツーピースというのはジャケットとスラックスの2点を指し、スリーピースはジャケットとスラックスにベストを加えたスーツスタイルをいいます。
シングルブレストのスリーピースだけでなく、ダブルブレストのスリーピーススーツを身につける方もいます。
フォーマルかつスタイリッシュな印象のスリーピースは、1着でさまざまな着こなしを楽しみたい方におすすめです。

 
 

スーツの細かいパーツにも注目

スーツの男性の上半身

スーツのオーダーをするときにはまずジャケットやパンツの形を決め、スーツに使う生地の種類、カラーや柄などを決めていきます。

さらに、ベント(背面の腰部分に入っている縦の切れ込み)やラペル(襟)の形といった細かいパーツにもこだわりましょう。
ポケットの形や大きさ、袖口のデザインなども自由に決められるので、こういったパーツで遊び心を演出するのも素敵ですね。
おしゃれなスーツに仕上げるためには、裏地のデザインも重要です。表の生地との相性を考えながら、素敵な裏地を選んでみましょう。

オーダーメイドのスーツはデザインや生地など細部にまでこだわって選びたいですね。
豊富な生地やパーツからオーダーできるブランドならば、考えられるスーツのパターンは数千万通り、数億通りに及ぶこともあります。
豊富なスタイルからあなたらしいとっておきのスーツを作り上げ、愛着を持って長く着用しましょう。

 
 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ