スーツとテーラードジャケット……この2つの違いって何?

スーツとテーラードジャケット……この2つの違いって何?

スーツ姿の上半身
スーツとテーラードジャケットは、よく似ているようで異なるものです。
この2つの違いを明確に認識している人は案外少なく、いざ説明しようと思ってもなかなか難しいものです。
そこで今回は「スーツとテーラードジャケットの違い」や「それぞれどんなシーンに適しているか」を合わせてご紹介します。

 

スーツとテーラードジャケットはどう違う?

本来スーツとテーラードジャケットは、同じ形の服を指す言葉として使われていました。
しかし時代が進むにつれ、「仕事などに着用するジャケット」をスーツと呼び、「スーツと同じ形でも普段使いができるような、カジュアルなジャケット」をテーラードジャケットと呼ぶように変化していったのです。
スーツとテーラードジャケットは基本的に同じ形のジャケットですが、次のような細かい違いがあります。

素材の違い
多くのスーツには、ツヤツヤとした光沢感がある薄手の生地が使用されます。
テーラードジャケットにも艶感のある素材が使われることはありますが、基本的には綿や麻、ツイードなどの光沢が少ない生地が使用されることが多いです。

着丈、ポケットの有無
テーラードジャケットは基本的に着丈が短めであり、ちょうどお尻が半分隠れるぐらいのものが多いようです。
これにより軽やかでカジュアルな印象に仕上がるのです。一方、スーツはテーラードジャケットよりも着丈が2~3cm長めに作られています。
また、スーツとテーラードジャケットでは、ポケットの作りも異なります。
スーツのポケットは上蓋が付いていますが、テーラードジャケットは外側にポケットが作られていて、上蓋のないものが多いのです。

肩パッドの有無
スーツとテーラードジャケットは、肩の作りも少し異なります。
まず、スーツには肩パッドが入っています。パッと見ただけでは分かりにくいですが、実際に着てみると肩のラインや上半身のシルエットがきれいに見えるようになっています。
テーラードジャケットには肩パッドが入っておらず、少し落ち感が出るのでカジュアルな雰囲気で着こなせるのです。

上下セット販売の有無
スーツは基本的に上下セットで購入することが多く、テーラードジャケットは単品で販売されていることが多いといわれています。ただし例外として、テーラードジャケットが揃いのパンツとセットアップで販売されている場合もあります。

 
 

スーツとテーラードジャケットの違いを理解して、上手く使い分けよう!

テーラードジャケットを着た男性

光沢感が少なく、カジュアルな雰囲気のスーツなら普段使いもできそうに思えますが、スーツのジャケットだけを使い続けると、ジャケットとパンツの生地の状態に差が出てしまうことも。
普段着でジャケットを着たいときは、スーツで代用せずにテーラードジャケットを購入することをおすすめします。
それぞれの違いを理解して使い分けることで、ぐっとおしゃれな着こなしができますよ。

 
 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ