ブリティッシュスタイルとどう違う? イタリアンスーツの特徴

ブリティッシュスタイルとどう違う? イタリアンスーツの特徴

ブリティッシュスタイルとどう違う? イタリアンスーツの特徴
スーツには、国によってスタイルもさまざま。
イギリスのブリティッシュスタイルが有名ですが、イタリアのスタイルも人気が高いです。
ここでは、イタリアンスーツの特徴や、各都市のスタイルの違いなどをご紹介していきます。

 
 

イタリアンスーツはどんなスーツ?

イタリアンスーツ最大の特徴は、柔らかな仕立てになっている点でしょう。
ブリティッシュスタイルと比べても、軽やかさやナチュラルな印象はイタリアンスーツのほうが格段に大きくなります。
ブリティッシュスタイルのスーツは硬めの生地を使うハードテイラリング、ショルダーラインにパッドを入れて袖山を盛り上げ、張りのあるシルエットを作るなどの特徴があります。

また、Vゾーンが浅く、ウエストシェイプが高めになっているのもブリティッシュスタイルの特徴です。
それに対しイタリアンスーツは、ドレープが効いている滑らかな生地で仕立てるソフトテイラリング、ショルダーラインは自然なつながりを意識した丸みを帯びたシルエットになっています。
Vゾーンが深くセクシーさを演出し、ウエストシェイプも比較的低めです。
イタリアンスーツは、より柔らかく、エレガントでセクシーな印象が強くなるスタイルのスーツであると言えるでしょう。

イタリアンスーツ、各都市のスタイルの特徴

イタリアンスーツ、各都市のスタイルの特徴
イタリアンスーツは、都市によってスタイルが異なります。
各都市の特徴を見ていきましょう。

・ナポリスタイル
イタリアンスーツの代表格で、クラシコイタリアとも呼ばれています。
軽くて柔らかな生地を使っており、美しさと動きやすさの両方を兼ね揃えたスタイルのスーツです。

・ミラノスタイル
ミラノスタイルは、イタリアンスーツの中でも比較的固さのあるシェイプを持ったスーツです。
スクエアショルダーにウエストをシェイプスタイルは、ブリティッシュスタイルをやや柔らかくしたような印象になります。

・ローマスタイル
1950年代半ばにローマを中心にはやったスタイルがローマスタイルです。幅広の肩と細めの襟、裾を大きく切り落としたカッタウェイスタイル、浅く着られているサイドベンツなどが特徴のスーツになります。
イタリアンコンチネンタルモデルとも呼ばれ、シングルの裾でベルトを着用せずにパンツと合わせるスタイルのスーツです。

・フィレンツェスタイル
ウエストラインをすっきりさせたシルエットが特徴のフィレンツェスタイル。
前身頃と後身頃を省略したデザインが特徴的です。

ブリティッシュスタイルと比べて柔らかくエレガントな印象が強いイタリアンスーツ。
フォーマルでもカジュアルでも着用できるオシャレなスーツです。
スーツ選びをしているという方は、イタリアンスーツについても検討してみてはいかがでしょうか。

 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ