着こなしが難しいブルースーツをおしゃれに見せるポイント!

着こなしが難しいブルースーツをおしゃれに見せるポイント!

ブルースーツは爽やかで清潔感のある印象を与えますが、同じブルー系であるネイビーに比べると、色合いが鮮やかで着こなしが難しい印象を与えます。

そんなブルースーツをうまく着こなすには、どのようなポイントを押さえておけばいいのでしょうか?

そこで今回は、ブルースーツをおしゃれに着こなすポイントをご紹介します。

ブルースーツをおしゃれに着こなすポイント

ブルースーツには、淡いライトブルーからネイビーに近いものまでさまざまな色・柄・生地の質感のスーツがあります。もともとブルーは「知的・誠実・信頼感」といったイメージを与える色であり、プレゼンや商談で着ると効果的ともいわれています。

 

とはいえ、人によっては「明るいブルーのスーツは着こなすのが難しい」と感じることもあり、なかなか手を出しにくい……と考えている方も多いのではないでしょうか。

そのような方のために、ブルースーツをおしゃれに着こなすためのポイントをご紹介します。

 

ブルースーツは上質な生地を選ぼう

安価なブルースーツは生地の色あせや質感の劣化などが目立ちやすく、時間経過とともに安っぽく見えてしまう場合があります。ブルースーツを着る際は、イタリア製などの高級生地を選ぶのがポイント。生地の美しい色味が楽しめるうえ、着心地のよさが楽しめます。

生地の色合い、質感

ブルースーツには白に近いライトブルーから、ネイビーに近い落ち着いた色味までさまざまなものがあります。

一般的には落ち着いた色合いのほうが着回しがしやすいと思われがちですが、夏場であれば淡いブルーのスーツやブルーグレーなどを選んでも爽やかに着こなせます。

職場の雰囲気や着用シーンに合わせて選んでみるといいでしょう。

 

また、同じ色でも光沢のある生地とシャリ感のある生地では印象が大きく異なります。色味と生地の質感の組み合わせを楽しんでみましょう。

生地の柄

無地のブルースーツは程よく落ち着きのある印象になります。そのほか、柄入りのブルースーツもおすすめです。

例えばシャドーストライプなら上品で大人の魅力を引き出してくれますし、クラシカルなテイストを楽しむならウインドウペンもいいでしょう。

また、パーティーなどに着用するスーツには、華やかな印象のチョークストライプもおすすめです。太めのストライプが存在感を出してくれるので、個性的な着こなしを楽しめます。

ブルースーツを着用する際のシャツ・小物選び

ブルースーツには白やブルー系のシャツを合わせるのが基本です。これらのシャツならネクタイとも合わせやすく、スーツと色が喧嘩することもありません。カジュアルな着こなしを楽しむなら、チェックなどの柄シャツもよく合います。

ネクタイ・ベルト・靴

ネクタイはネイビーや赤などが合わせやすく、ブルースーツ初心者でもトライしやすいでしょう。明るく親しみやすい印象にしたい場合は、イエロー系のネクタイもおすすめです。

 

ベルトや靴は、黒なら落ち着いた大人の雰囲気に。茶色なら明るく柔らかい印象になります。

茶色を選ぶ場合は、明るめのものより落ち着いたブラウンを選びましょう。

爽やかなブルースーツをおしゃれに着こなそう!

ブルースーツのコーディネート

ブルースーツはうまく着こなせれば爽やかで誠実な印象を与えられます。また、シャツや小物とのコーディネート次第では、大人の遊び心を感じさせる上級者のおしゃれも楽しめます。

落ち着いた色のスーツばかり着ている方も、ぜひブルースーツで新鮮なコーディネートを楽しんでみてくださいね。

キャンペーンページはこちら