出張時のスーツの「持ち運び方」シワを防ぐポイントは?

出張時のスーツの「持ち運び方」シワを防ぐポイントは?

出張時のスーツの「持ち運び方」シワを防ぐポイントは?

出張や移動などでスーツを持ち運ぶとき、「シワが気になる」という方は案外多いものです。スーツのシワを防いで、きれいな状態のまま持ち運ぶには、いくつかのポイントがあります。

ここでは出張などでスーツを持ち運ぶ際のポイントや、持ち運んだあとのケア方法についてご紹介します。

出張時、スーツをシワなくきれいに持ち運ぶには?

出張の際には、できるだけスーツがシワにならないように持ち運びたいですよね。シワなくきれいな状態のスーツを着られるように、持ち運ぶ際のポイントを知っておきましょう。

畳む回数を最小限に

スーツをスーツケースの中に入れるときは、パッキングを済ませてから入れるのがポイント。スーツが動かないよう、最後に真ん中で挟むようにして収納しましょう。

その際に注意したいのが「畳み方」。スーツは畳む回数が多くなると“畳みジワ”ができやすくなってしまうため、ジャケットをハンガーにかけたままにして、袖を内側に畳み、お腹の部分で折り上げて収納しましょう。パンツは3つ折りにして、収納袋などに入れてからスーツケースに入れればOKです。

 なお、スーツを畳まず無造作に収納したり、一緒に荷物をぎゅうぎゅうに詰め込んだりするのは、シワの原因となりますのでNGです。荷物が多い場合はガーメントケースなどに収め、荷物と別にしておくのがベストですよ。

「ガーメントバッグ」を利用する

高級スーツやシワができやすいスーツなどを持ち運ぶ際は、「ガーメントバッグ」を準備しておくと安心です。

ガーメントバッグは、スーツやシャツ、小物類などをまとめて収納することができる優れもの。撥水機能付きのものや丈夫なナイロンを使用しているものが多く、耐久性に優れています。

また、製品によっては持ち運ぶ際にシワ防止のために硬いフレームを使用していたり、くるくると巻き込んでドラムバッグ状に収めることができたりするものも。用途に合わせて上手く選んでみましょう。

 

持ち運んだあとのスーツのケア方法は?

スーツを持ち運んだあとはそのままにせず、一度ケースから取り出してシワができていないか確認しておきましょう。もし収納したままにすると、畳みジワが付いてしまいます。そのため、ホテルに着いたらすぐに取り出して、ハンガーにかけて吊るすのが鉄則です。

もしシワができてしまっていた場合は、簡単なケアでシワを伸ばすことができます。

シワ取りスプレーを利用する

スーツにシワが付いてしまったとき、軽いシワであれば市販の「シワ取りスプレー」で伸ばすことができます。シワ部分にまんべんなくスプレーを吹きかけ、手でシワを伸ばして整えたらハンガーにかけて乾燥させましょう。

シワ取りスプレーには除菌・消臭・防臭機能が備わっているものもありますので、上手に利用してみてくださいね。

※スプレーの種類によってはシミが残ってしまう危険性があります。まずは目立たない場所にスプレーをしてみて、シミがつかないことを確認してから使用するようにしてください。

 

浴室で蒸気を当てる

スーツやシャツのシワには、浴室で蒸気を当てるのもおすすめです。

浴槽にお湯を張って蒸気をこもらせ、スーツやシャツを一晩吊るせば、スチーム効果でシワが取れやすくなります。そのまま翌日まで吊り下げておけば、シワが伸びて綺麗な状態に戻りますよ。

 

出張時のシワを防ぐ! 工夫してスーツを美しく保とう

出張時のシワを防ぐ! 工夫してスーツを美しく保とう

ビジネスマンにとってスーツとは「大切な相棒」ともいえる存在。スーツがシワシワだと、どうしてもだらしない印象になってしまうものです。出張先でのスーツ姿をビシッと決めるためにも、シワができにくい持ち運び方を心掛けるようにしましょう。

 

キャンペーンページはこちらから