事前に押さえておこう! オーダースーツの失敗例

事前に押さえておこう! オーダースーツの失敗例

オーダースーツ

オーダースーツを仕立てたのに、何だかイメージが違った……このような失敗をしたことがある方は少なくないのではないでしょうか?

せっかくオーダーするなら、なるべく失敗したくないものです。ここではオーダースーツの失敗例や、失敗しないためのポイントをご紹介します。

 

オーダースーツを仕立てる際によくある失敗例は?

オーダースーツは用途や好みに合わせ、自分の体にフィットするスーツを仕立てられるのが魅力。しかし、いざ受け取りにいったときに「失敗した」と感じるケースも……。

自分がオーダーするときに失敗しないよう、事前にどのような失敗が多いのかを知っておきましょう。

完成したスーツがイメージと違う

「実際にスーツを見ると、イメージしていた感じと違う」と失敗に感じる方が多いようです。この失敗は色やシルエット、サイズ感などのイメージが固まらないまま、何となくオーダースーツを仕立てたときによく起こります。

サイズが合わない

ジャケットやパンツが大きすぎたり、小さすぎたりするという失敗もよくあります。また「立ったままならちょうどいいけれど、腕・ひざの曲げ伸ばしをするとキツい」というのもよくある失敗です。

この失敗はサイズの確認が不十分だったときや、伸縮性があまりないスーツの生地を選んだときに多くみられます。サイズが合わないスーツを着るとシワができやすく、生地の傷みも早くなりがちです。

シルエットがしっくりこない

オーダースーツは型紙や生地のハリ感などによってもシルエットが変化します。型紙、生地をしっかりと確認しなかったり、仮縫いで確認不足があったりすると、完成後のシルエットに違和感を覚えやすくなります。

オーダースーツの仕上がりが派手すぎた

オーダースーツの生地に光沢のあるものを使ったときによくあるのが、「思いのほか派手過ぎてパーティ用としてしか着られなかった」という失敗。光沢のある生地は立体感があり見栄えもよいのですが、スーツに仕立ててもらうと光沢が強すぎた……ということも多いのです。

 

オーダースーツ作りで失敗しないためのポイントは?

オーダースーツでの失敗のほとんどは「確認不足」によって起こります。

つまり、失敗しないためには「細部まで確認をすること」に尽きるともいえるのです。オーダースーツのプロであるテーラースタッフに確認をしながら、スーツの完成形や希望ポイントを明確にイメージしてオーダーしましょう。 

イメージ通りにするためには生地の色味や光沢、伸縮性をキチンと確認することが重要です。生地の仕上がりイメージが分かりにくい場合は体に当ててみたり、明るい場所で確認したりするとイメージしやすくなります。

それと同時に重要なのがサイズ感です。サイズ感は着心地にも直結します。見本服(スーツの仕上がり見本)を試着させてもらい、仮縫いで微調整してもらいましょう。

衿の形やポケットの数、ボタンの数、ベンツの有無などの細かい部分は、テーラースタッフに相談するのもおすすめです。プロのアドバイスを取り入れることで、より満足のいく仕上がりになるでしょう。

 

失敗例を把握し、満足いくオーダースーツを手に入れよう

オーダースーツを仕立てるテーラー

オーダースーツは既成スーツにはないカスタマイズができるのが大きな特徴。ただし、オーダー時に明確なイメージがないと「満足いく完成形」にならない可能性もあります。

「どのようなシーンで着たいのか」「どんな印象に見せたいのか」など、イメージがある程度固まってから依頼するのが成功のコツですよ。

 

AT Men’sならではのこだわりはこちらから

↓↓↓

https://atmens.co.jp/credo/

 

キャンペーンページはこちらから