ワイシャツの腕まくりはNG? 腕まくりしていい場面といけない場面

ワイシャツの腕まくりはNG? 腕まくりしていい場面といけない場面

暑くなってくるとワイシャツの袖をまくることが多くなりますよね。腕まくりをすると涼しく感じますが、ビジネスマナーの観点から見ると「マナー違反なのでは?」と疑問に思う方もいるはず。実際のところ、腕まくりはマナー違反にあたるものなのでしょうか。

そこで今回は、腕まくりをしてもいい場面と、控えた方がいい場面について解説します。

ワイシャツの腕まくりをしてもいい場面とは?

ワイシャツを腕まくりする行為は、ファッションでいうところの「着崩し」にあたります。そのためビジネスの場では基本的にマナー違反とされています。

ただし、相手がいない状況であれば問題はありません。例えばオフィス内でデスクワークをしているときや、外回りで移動しているときなどは、相手への気遣い=マナーが必要なく、腕まくりをしていても問題はありません。

また、自宅やサテライトオフィスなどでのテレワーク中も同様です。WEB会議など第三者の目に触れるときは、きちんとボタンを留めておきましょう。

ワイシャツの腕まくりをしないほうがいい場面とは?

ワイシャツの腕まくりをしないほうがいい場面は、「目上の方がいるかどうか」で判断するのがベストです。基礎的なビジネスマナーをわきまえている人であれば、「目上の方がいるからだらしない服装を控えよう」という気持ちになるでしょう。腕まくりをするかしないかも、その基準で考えればOKです。

朝礼・会議・来客対応などでは腕まくりを避ける

ビジネスの場において上司や目上の方がいるときは、ワイシャツの腕まくりを避けた方がいいでしょう。例えば朝礼や会議の際中、来客対応や取引先への訪問時は「フォーマルな場」として、カフスボタンをきちんと留めておくことが大切です。

TPOを考えず腕まくりをしていると「だらしない」という印象を抱かれてしまうので、場をわきまえることが大切です。

訪問先への出発報告時も腕まくりはNG

外部訪問などの際に上司へ出発報告をする場合も、腕まくりをしないほうがよいでしょう。上司の性格にもよりますが、「この格好で訪問先に行くのか」とマイナスな印象を持たれることがあるからです。

出発時にはきちんとボタンを留めてジャケットを着ておきましょう。移動開始後に一人になってからであれば、腕まくりをしても問題ありません。

就職活動中は移動時も腕まくりをしないほうがよい

就職活動中は移動中であっても腕まくりをしないことが望ましいです。移動中に面接先の人事担当者から腕まくりをしている場面を見られてしまった場合、印象が悪くなる恐れがあります。就活中の移動はジャケットも着たままが理想的ですが、どうしても暑い場合はジャケットを脱ぐだけに留めておきましょう。

ワイシャツの腕まくりはマナーとTPOをわきまえよう!

スーツ姿の男性

ワイシャツを腕まくりすることは基本的にビジネスマナー違反ですが、デスクワークや移動中など限定的なシーンであれば問題ないといえます。ただし、上司や社長、取引先の方などが同室にいる場合は控えることが大切です。

もし常に腕まくりをしていると、周りから「だらしない」「取引先に不快感を与えるのでは?」など、マイナスの印象を持たれやすくなります。腕まくりをしてはいけない場面・してもいい場面をしっかりと見極め、「あの人はやるときはビシッと決められる」と信頼してもらえるように意識しましょう。

キャンペーンページはこちら