春までに押さえておこう! 春っぽいシャツの選び方とは!

春までに押さえておこう! 春っぽいシャツの選び方とは!

春の暖かな日差しの下では、ジャケットを脱いでシャツだけで過ごすことも多いもの。そんなとき春らしい雰囲気のシャツをチョイスしておくと、シャツ1枚でもおしゃれに魅せることができます。

そこで今回は、春らしいシャツの特徴や、選び方のポイントをご紹介します。出会いの多い春だからこそ、シャツの着こなしで印象アップを目指しましょう!

春らしいシャツの特徴は?

シャツで春らしさを感じる要素としては、「色柄」「生地の素材」が重要なポイントとなります。

春らしさを感じる色

春は暖かく爽やかな風が吹く時期です。また、桜などの草花が咲き乱れる華やかな季節でもあります。

華やかで何だかウキウキするような気分の春には、白やパステルカラーなどの爽やかさを感じるシャツが好まれることが多いです。淡いピンクやサックスブルーなどのやわらかい色合いのシャツは、ビジネススーツにも合わせやすいでしょう。

その他、スーツの色味によってはネイビーやグレーなどもおすすめです。

春っぽいシャツの柄

また、春らしさを感じる柄としては、ギンガムチェックやストライプなどが人気です。白を基調にした柄物シャツであれば、きちんと感を残しつつほどよくカジュアルな雰囲気になるので、重たい印象になりません。

白×ブルーや白×ピンク、白×グレーなどの柄物シャツで、スーツとのコーディネート楽しんでみましょう。

春におすすめの生地

春は綿のブロードシャツやオックスフォードシャツなどが人気です。

ブロード生地はしなやかでやや光沢感があり、きれいめな印象に仕上げたいときにぴったり。ビジネスシーンでも使いやすい生地です。

ブロードよりもカジュアル感を出したい場合は、オックスフォードが最適です。生地の織り目に存在感があり、やわらかな着心地が楽しめます。

 

綿の他にはさらりとした手触りのリネン(麻)なども春に向いています。

TPOに合わせて、生地選びを工夫してみましょう。

春らしいシャツの選び方! どんなポイントがある?

春らしいシャツを選ぶには、襟の形やシルエット、シャツの機能性にもこだわりたいもの。シャツ選びのポイントを詳しく見てみましょう。

シャツ襟の形

シャツの襟はレギュラーカラーを選べば、オールマイティーな着こなしができます。

気温が上がってシャツ1枚で過ごす日が増えることを考えると、襟にアクセントがあるものを選ぶのも良い方法です。例えば襟先にボタンが付いているボタンダウンシャツや、襟が180度近く開いたホリゾンタル(カッタウェイ)カラーなどのシャツは、仮にネクタイを外したとしても様になりますね。

シャツのシルエット、機能性

春向けのシャツを購入する場合は、スーツを脱いだ時のことを考えて「シャツのシルエット選び」にもこだわりましょう。サイズはジャストサイズのものを選び、ダブつきやぴったりしすぎないものを選ぶのがポイントです。

既製品でサイズがしっくりこない場合は、オーダーシャツで自分の体型に合わせたシャツを作るのも良いでしょう。

 

また、春は気温の上下が激しく、日によっては汗ばむことも。吸湿速乾機能のあるシャツを選ぶことで、快適に過ごせるようになります。さらにシワがつきにくい素材(形態安定シャツなど)なら、アイロンがけの手間も省けて便利です。

春の青空に映える爽やかなシャツコーデを楽しもう!

爽やかなストライプシャツ

春は秋冬に比べて、シャツの存在が目立ちやすい季節。また、春はさまざまな出会いの季節でもあります。シャツで爽やかさを演出できれば、新たに出会う人からの印象も良くなりますね。

皆さんもシャツ選びを工夫し、春の青空に映える爽やかなシャツスタイルを楽しんでみましょう。

キャンペーンページはこちら