オーダースーツの納期はどのくらい? 完成までの流れ

オーダースーツの納期はどのくらい? 完成までの流れ

オーダースーツの男性

体形や生地などの細かい部分まで自分好みに作ることができるオーダースーツは、注文してからどのぐらいの期間で手元に届くのでしょうか?

ここでは一般的な納期とともに、オーダースーツが完成するまでの流れをご紹介します。

 

オーダースーツの納期はどのぐらい?

スーツのオーダー方法には「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」といった種類があり、オーダー方法によって納期が大きく異なります。

例えばパターンオーダーの場合は注文から23週間ほど、見本服をもとに型紙からスーツを作成するイージーオーダーは、34週間ほどが目安です。

フルオーダーの場合は、工程の多くを手作業でおこなうため12ヶ月ほどの期間を要します。自分の体形にぴったりのスーツをオーダーできるのがフルオーダーのメリットですが、注文の際は納期のことを考えて早めにオーダーしたほうがよいですね。

 

オーダースーツ完成までの流れ

オーダースーツの作成は、オーダー方法によって仕立て方や工程の数が大きく変わります。オーダースーツが完成するまでの流れや、それぞれの工程の違いを知っておきましょう。

パターンオーダー

パターンオーダーは、もっとも手軽なオーダー方法です。

生地や形の好みから既成スーツを選び、要望や体形に合わせて着丈やウエスト周り、パンツ丈などの加工をおこないます。

型紙から起こすオーダー方法と比べるとカスタマイズ性は高くありませんが、納期も短くなるほか、安価で購入できるメリットもあります。

イージーオーダー

イージーオーダーでのスーツ作製は、お客様の要望や好みをヒアリングし、採寸をするところから始まります。それからお客様の体形に合う型紙を選び、体にフィットするスーツを作っていくのです。

パターンオーダーが丈の補正を中心としているのに対し、イージーオーダーでは横幅(肩幅や身幅など)の調整も可能であるなど、細かな部分の調整が叶うのがメリットですね。

フルオーダー

フルオーダーはお客様へのヒアリング、採寸を終えたあと、手作業で1から型紙を起こしていくのが他のオーダー方式と異なる部分です。

作製した型紙に合わせて生地を裁断、仮縫い、サイズ調整の仮縫いを経て“本縫い”へと工程を進めていくため、とても手間暇をかけた作成方法だといえます。また、お客様ひとりひとりの体形に合わせたオリジナルのスーツを作ることができるのも、フルオーダーの強みです。 

ちなみに、近年ではパターンオーダーやイージーオーダーの良い部分を取り入れた“ハイブリッド式”のフルオーダー店もあります。こうしたお店なら「スーツを1からオーダーするには複雑で迷ってしまう」という方でも利用しやすく、手軽にこだわりのスーツを作ることができますよ。

 

オーダースーツは納期に余裕を持って注文しよう

スーツ生地に型紙写しをしている光景

今回はオーダースーツの納期や作業工程についてご紹介しましたが、これらはあくまで一般的なものです。1年の中でも注文が集中しやすい23月末は、通常より納期が長くなる場合も少なくありません。

ギリギリで注文すると「着たいときにスーツが手元にない!」ということにもなりかねませんので、オーダースーツを作る際は時間に余裕を持ち、早めの行動を心掛けましょう。

 

キャンペーンページはこちらから