【ビジネス向け】夏のサックスブルーシャツの着こなしテクニック

【ビジネス向け】夏のサックスブルーシャツの着こなしテクニック

畳まれたサックスブルーのワイシャツ

ビジネスシーンでは「青」が好まれる傾向があります。中でも夏はその傾向が強く、青系のシャツの中でも使いやすい「サックスブルー」のワイシャツは1枚でも用意しておきたいものです。

それではなぜサックスブルーは夏のビジネスシーンで重宝されるのでしょうか。その理由とサックスブルーのシャツを使った着こなし術を紹介していきます。

サックスブルーがビジネスシーンで好まれる理由

ビジネスマンとして「第一印象」は大切な要素の1つといえます。特に日常の生活感が出てしまう「身だしなみ」は気をつけておきたいポイントといえるのではないでしょうか。

そんな中で覚えておきたいのが「青色」の特性です。青は爽やかさや知的さを与える働きを持っており、ビジネススーツとして活用することで好印象を与えることができます。その中でもサックスブルーはスーツに合わせやすく、さまざまなビジネスシーンで重宝される色なので、夏の時期には用意しておきたいものです。

サックスブルーのシャツを使ったおすすめのコーディネート

サックスブルーの色を引き立てる場合、これから紹介する3つの着こなし方がおすすめです。それぞれの項目を細かく見ていきましょう。

ネイビースーツと合わせる

ネイビーのスーツにはブルーシャツを合わせることで、統一感が出ておしゃれに見えるようになります。

ネイビーは白とも相性が良いのですが、白シャツと合わせてしまうとやや「幼さ」が見えてしまうようになるため、同色系の色で合わせるように心がけましょう。

グレーのスーツと合わせる

大人っぽさを演出できるグレー系のスーツもブルーシャツと合います。

クールビズ時は使用する機会も少ないかもしれませんが、ネクタイの色味が濃いものとも相性が良く、上品な雰囲気を醸し出すことができるため、おすすめです。

「ベスト」と合わせる

畳まれたサックスブルーのワイシャツとネクタイ

ここまでで紹介したネイビーやグレー系のスーツのも相性は良いですが、クールビズの時期には「ベスト」を着用することもおすすめです。

ギンガムチェックなどの柄で彩ったブルーシャツにベストを合わせるとよりおしゃれに見えるようになります。ハイセンスな着こなしをしたい方はベストにも注目してみてはいかがでしょうか。

クールビズの時期には青系の色を中心に選んでいくと全体的に落ち着きが出るようになり、暑苦しさが感じにくくなります。季節感を意識する上でも白シャツよりはサックスブルーのシャツを選ぶほうが良いでしょう。

暑い季節こそ、色を使って清涼感・清潔感を表現し、他のビジネスマンと差をつけれるよう配慮することが大切です。

 
Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ