クリーニングに出すときに知っておきたい、スーツの長期保管のコツ

クリーニングに出すときに知っておきたい、スーツの長期保管のコツ

クリーニングに出されたシャツなど
季節の変わり目には、スーツも衣替えをすることになります。
衣替えにあたって、スーツをクリーニングに出して綺麗にしておこうという方は多いと思います。
しかし、クリーニングから戻ってきたスーツをそのままクローゼットにしまい込むと、スーツが傷んでしまうことがあるので気をつけましょう。
今回は、春夏スーツの質を保つための長期保管のコツについて紹介します。

 

スーツに適したハンガーを使うことが大切

夏の間身につけたスーツには汗や汚れが染み込んでいるため、長期保管する前にはクリーニングに出しておきましょう。
しかし、クリーニングから戻ってきたスーツをそのままクローゼットにしまうのはおすすめできません。
クリーニング後のスーツは、細いハンガーに掛けられていることがほとんどです。

しかし、スーツを細いハンガーに掛けたままにすると型崩れが起きやすいので気をつけましょう。
スーツを長期保管するときには、スーツに合った幅の広いハンガーに掛けたいですね。肩部分の厚みが3cm以上あり、軽く前方向に湾曲しているものを選べば、型崩れを防ぎやすくなります。
洋服の湿気を多少吸い取ってくれる木製のハンガーを使うのもおすすめですよ。

 

スーツにビニールを掛けて保管するのはNG

クリーニングに出したスーツはビニールを掛けられて返却されますが、このビニールは帰宅したら必ず取るようにしましょう。
クリーニングのビニールは、お店から自宅へスーツを持ち帰るときの汚れを防ぐために掛けられています。

このビニールを掛けっぱなしで長期保管すると、湿気がこもってスーツにカビが生えてしまうことがあるのです。
スーツを保管するときには通気性の良い状態にしておくことが大切です。
スーツのビニールを取ったら、陰干しして湿気を完全に取り去ってから保管しましょう。

 

スーツの傷みを防ぐ保管のコツとは

スーツをクローゼットにしまう前にはブラッシングもしておきましょう。
ブラシは、生地の毛並みを整えるようなイメージで上から下に向かって軽く掛けておけばOKです。
こういった手順を踏んでからスーツをクローゼットに片付ければ、スーツの傷みが起きにくくなります。

スーツはカバーを掛けずにクローゼットに入れてもOKですが、通気性の良い不織布のカバーや防虫カバーを掛けて保管するのも良いでしょう。
中には「春夏スーツの保管場所が足りない」「クローゼットの湿気が気になり、上手に保管する自信がない」という方もいると思います。
こういった場合には、クリーニング店が実施している長期保管サービスを利用するという方法もあります。使わない衣類はプロに保管してもらえば安心ですね。

腕時計をした手をポケットに入れている

スーツはクリーニングに出せばそれでお手入れは完了ということにはなりません。
愛用のスーツを長持ちさせるためには、スーツの正しいケアテクニックをおさえておくことが大切です。
スーツを長持ちさせるためのステップはどれも簡単なものばかりなので、保管の際にはぜひ実践してみてくださいね。

 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ