夏でもジャケット着用で決める! 暑い季節のジャケットの選び方

夏でもジャケット着用で決める! 暑い季節のジャケットの選び方

夏用ジャケットスーツを着たビジネスマン

夏はクールビズが推奨されていて、ジャケットを着用しないで過ごすサラリーマンも増えてきました。しかし、商談などTPOに合わせてジャケットを着用すべきシーンがあることも事実です。サラリーマンとして取引先や新規のお客様に爽やかな印象を与えたいものですので、柄や素材をしっかりと確認してジャケットを選びましょう。
今回はさわやかに見せる夏用ジャケットの選び方をご紹介します。

ジャケットにおすすめの色と柄

クールビズの時期に用意したいジャケットは「落ち着いた印象」を与えられるような色と柄のものを選ぶのがおすすめです。色はネイビーやグレー、ブルー系のもの。柄は無地のものやかすかに見えるストライプ柄などにとどめておいた方が無難でしょう。

「アンコンジャケット」で軽やかさを

アンコンジャケットと呼ばれる種類のジャケットは、裏地や芯地を使っていないため、軽やかで動きやすく、爽やかな印象を与えることができます。裏地がないからこそ通気性も良く、暑い夏の時期にはおすすめのジャケットです。
素材や色に注目するだけでなく、アンコンジャケットのような夏に適した構造をしているものを選ぶこともおすすめです。

夏の時期におすすめの「素材」を選ぶ

クールビズを着たビジネスマン

暑い夏の季節には羽織るジャケットの「素材」にもこだわりたいものです。
素材によっては「暑苦しい」印象を与えてしまう可能性もあるため、以下のような生地のジャケットを選ぶようにしましょう。

 

コットン

コットンは天然繊維のもので、吸湿性や保湿性、通気性に優れた素材と知られています。
肌触りも優しく、カジュアルな夏用ジャケットとしても重宝されており、暑い時期でも軽やかさを演出することができるのです。
さまざまなビジネスシーンで重宝する素材なので、最低でも1着は用意しておきたいものです。

クールマックス

あまり聞きなれない素材の名前かもしれませんが、速乾性や吸水性に優れた糸を使った素材がこのクールマックスというものです。この素材を使ったスーツが最近注目されつつあり、コットン生地同様、夏用ジャケットとして取り入れたいものの1つとなっております。

サマーウール

その名の通り、ウール素材を夏に着心地よく開発されたものが「サマーウール」と呼ばれる素材です。もともとウールはシワに強い素材なので、ジャケット等には適しているのですが、通気性で見ると他の素材に見劣りしていました。
しかしサマーウールでは冬用のウールよりも薄く編まれているため、高い通気性を保持した上でシワに強い素材となっています。

天然素材ということもあり、上品な印象を与えやすい特徴もあるため、ジャケットに適した素材といえるでしょう。

クールビズの時期に着用するジャケットは、デザインや素材によって暑苦しい印象を与えてしまうこともあります。今回紹介した項目を生かしたジャケット選びをすることで爽やかな印象を与えることができるでしょう。良好な印象を与えるためにも取り入れてみてはいかがでしょうか。

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ