夏のスーツを長持ちさせるための汗染み・黄ばみ・ニオイ対策

夏のスーツを長持ちさせるための汗染み・黄ばみ・ニオイ対策

クリーニング後のスーツ

夏の暑い季節が始まると、汗が気になる方も多いのではないでしょうか
汗はシミや黄ばみの原因で、ニオイとして染み付いてしまうため、定期的にスーツのメンテナンスを続けていきたいものです。それではスーツの汗染みなどの汚れや、ニオイ対策として、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。
夏に顕著なスーツの汗染み、黄ばみ、ニオイ対策を紹介していきます。

スーツの汗染みを取り除くポイント

湿気の多い日本では、猛暑の時期になるとスーツを着用するサラリーマンにとっては辛い日々が続きます。
丸洗いが難しいスーツの汗染みを抑えるために「汚れる前の対策」「汚れた後の対策」の双方からアプローチをかけていくようにしましょう。

スーツが汚れる前の対策

これからスーツを揃える方なら、通気性が良いように加工された清涼素材が含まれたスーツを用意するのが良いでしょう。
既にスーツをお持ちの方はYシャツの下に肌着としてTシャツなどを着用したり、汗脇パットを取り付けたりなどして、スーツに直接汗が染み込まないような工夫が必要です。
汗っかきな方は背中や腰回りに薄いタオルを挟むことで、汗の染み込みや黄ばみを抑えることができます。

その他にも制汗スプレーや汗拭きシートなどを携帯し、気になったらこまめに拭き取ることも大切です。
少し面倒に感じてしまうかもしれませんが、続けることができればスーツを長持ちさせることができるでしょう。

既についた汗染みや黄ばみの落とし方

スーツの汗染みや黄ばみは軽微なものであれば自宅で落とすことができます。
まずはタオルを2枚用意し、そのうち1枚をぬるま湯で浸しましょう。
そして染みができた部分を丁寧に拭き取り、もう1つの乾いたタオルで水分を取り除きます。
その後風通しの良い場所で陰干しをすれば終了です。

汗染みは水溶性のものが多いため、ドライクリーニングをお願いするのであれば自宅で取り除いたほうが手っ取り早く汚れを分解させることができます。
もし汚れがどうしても取れない場合はクリーニング屋で染み抜きを依頼しましょう。
早く対処すればするほど、自宅でのケアで綺麗に汚れが落ちるため、定期的なケアが大切です。

スーツのニオイを取り除く方法

汗をふくスーツ姿の男性

ニオイは蒸気を使って取り除く方法が簡単に取り除くことができます。
まずアイロンを用意し、スーツにスチームをかけて陰干しをします。
これで蒸気とニオイ成分が結びついて蒸発してくれるため、スーツからニオイを取り除くことができるのです。満遍なくスチームをかけたら風通しのいいところに陰干しをして乾かせば終了です。暑い季節になるとスーツのニオイや汗がどうしても気になりがちですが、今回紹介した予防法・対策法を実行することで、改善が期待できます。
スーツを長持ちさせ、暑い時期でも快適に使い続けるためにも、取り入れてみてはいかがでしょうか。

 
Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ