寒い冬を乗り切る! スーツスタイルの防寒対策を知ろう

寒い冬を乗り切る! スーツスタイルの防寒対策を知ろう

寒い冬を乗り切る! スーツスタイルの防寒対策を知ろう

ビジネスマンにとって、冬の寒さは大敵ともいえるもの。通勤時や外回りの際に、身を切られるような寒さで辛い思いをしたことのある方は多いのではないでしょうか? 寒さと冷えで体調を崩さないように、“スーツスタイルの防寒対策”を万全にしておきましょう!

 

スーツスタイルの防寒対策には、どのような方法がある?

寒い冬を乗り切るには、「重ね着」と「素材選び」に気を配り、しっかりと防寒対策をおこなうことが大切です。

コートを着用する

羽織るだけで冷たい風から守ってくれるコートは、冬の通勤・移動時には欠かせないという人も多いですよね。着丈や素材、形など実にさまざまな種類がありますが、中でもステンカラーコートやチェスターコートは着る人を選ばず、1着持っているととても重宝しますよ。

スリーピースやニットベスト等を活用する

スリーピースはジャケット、パンツ、ベストを同じ素材で仕立てたものです。ベストを着ることで胸元からお腹にかけて保温性がアップし、寒い日でも温かく過ごすことができます。

スリーピースのスーツを持っていない方は、ニットベストを着るのがおすすめです。

ニットベストを選ぶ際は「素材」と「密度」にこだわるのがポイントです。例えば、ウールやカシミアのニットベストは保温性も高いので、真冬にもぴったりです。また、スーツスタイルではニットの密度が高く、編み目が細かい「ハイゲージ」のニットベストがマッチしますよ。

また、近年はジャケットの下に着ることを想定してつくられた「インナーダウン」も人気です。薄手で軽いのに暖かく、ジャケットの下に着てももこもこせず、すっきりと着こなせますよ。

スーツを“冬仕様”の生地へ

スーツの中でも秋冬用のスーツは「生地の密度が高く、厚みがある」「総裏地で仕立てられている」など、体を温かく保ってくれる工夫が施されています。

また、生地にはやわらかな起毛感があり、保温性が高いウールやカシミア、ツイード、フランネルなどが使われることが多いもの。これらの素材を取り入れた秋冬用スーツを身にまとえば、温かいだけではなく、季節感のあるおしゃれを楽しむこともできますよ。

 

小物で防寒対策をするなら?

厳しい冬の寒さに対抗するには、太い血管が通っている「首」「手首」「足首」を温めることが大切です。より防寒性を高めるため、小物も工夫してみましょう。

マフラー、手袋などのニット小物

ウールやカシミアなどの保温性が高い糸で織りあげたマフラーは、首を寒い冬の風から守ってくれる重要なアイテム。ブラックやグレー、ネイビーなどのシックなカラーを選べば、スーツから浮かず大人のオシャレが楽しめます。

また、スーツに合わせる手袋は「革の手袋」がおすすめです。ニット素材のものよりカジュアルにならず、しっかり防寒対策をすることができます。

ウールの靴下を履く

ウール糸は保温効果が高いため、ウールの靴下を履くと足元の冷え防止になります。また、ウールは吸湿・吸汗性に優れているため、暖房の効いた室内で汗をかいても蒸れにくく、快適に過ごすことができますよ。

 

防寒対策を万全にして、寒い冬を乗り切ろう!

防寒対策を万全にして、寒い冬を乗り切ろう!

冬の厳しい寒さを乗り切るには、さまざまな方法でしっかりと防寒対策をすることが大切です。その一方で、電車内や室内などの暖房が効いた場所では、暑いと感じることも多くなります。

室内にいる時間が長いときは、脱ぎ着しやすい防寒着や小物などをうまく利用し、温度調節ができるように工夫してみましょう。

 

キャンペーンページはこちらから