冬の就活、スーツはどうする? マナーを守って防寒対策しよう

冬の就活、スーツはどうする? マナーを守って防寒対策しよう

寒さの厳しい冬の就職活動では、風邪を引かないように防寒対策をしながら、就活時のスーツマナーのルールから一脱しないようにすることが大切です。

寒さのあまり気づいたらカジュアルな印象を与えてしまっていたり、反対に、マナーを重視するあまり体調を崩してしまったりしては、どちらも就活の成功には結びつきません。

そこで、冬の就活におけるスーツのマナーについて、防寒性とマナーを両立させるための対策を紹介していきたいと思います。

冬の就活でのスーツマナー

冬の時期いくら寒くても、就活においてはビジネスマナー重視のフォーマルスーツ着用が大前提となります。それに、コートや小物、保温性の高いインナーを加えることで、防寒性を高めていきます。

通常スーツの下に保温性の高いインナーを着用

男女ともに、面接時を中心に就活ではオールシーズン共通のリクルートスーツが基本となります。黒や紺、グレーなどのベーシックスーツに、白のワイシャツやブラウスを組み合わせます。

防寒対策としては、その下のインナーにヒートテックなど保温性の高い素材を取り入れます。パンツスタイルなら上下で着用することで高い防寒性を得られます。

女性のスカートスタイルの場合、足元の冷えを解消するためにタイツの着用を考える方もいますが、タイツはNG。肌色の厚手のストッキングに留めるようにしましょう。

秋冬用スーツを用意する

特に寒い季節や寒い地方においては、また就活のなかでも面接ではなく会社説明会などイベント会場で行われる際は、オールシーズンのスーツではインナー調整だけでは冷えを解消できないケースもあります。

そのような場合は、思い切って秋冬用スーツを用意しましょう。秋冬用のスーツは、生地が分厚く裏地もついているため、それだけで身体を寒さから守ってくれます。オールシーズンスーツの下に厚手のインナーを重ねてスタイルが崩れてしまうよりも、秋冬のスーツ1枚の方がスマートに着こなすことができます。

また、しっかりと仕立てた秋冬のウールスーツなら、社会人になってからも重宝するでしょう。

冬の就活に適したコートは?

男性・女性ともに、冬の就活にはシンプルで落ち着いたビジネス向けコートを選びます。

デザインは、トレンチやステンカラー、チェスターなどフォーマルなデザインのものを、丈はスーツの上着よりも長いものを選びます。

素材は、ウールなど防寒性を重視して選びましょう。

フード付きのコートやダウンジャケットなどはカジュアルな印象を与えるので、説明会などにおいても避けるようにしましょう。

小物はコンパクトなものを

寒さ対策には、首元を暖めるのが効果的です。就活中の異動時には、コートの上にマフラーを重ねるのがおすすめです。マフラーのほか、手袋や耳当てなどの小物を上手く活用しましょう。

ただし、これらは面接会場に到着する前に外します。そのため就活カバンに収納できるコンパクトなタイプを選ぶとよいでしょう。

その他、使い捨てカイロも含めて、面接会場と屋外での移動時、電車移動時など、体温調整がしやすい方法を考慮しつつ防寒対策をしっかりと行い、体調万全で就活に臨めるように整えましょう。

キャンペーンページはこちら