生地に注意しよう! 夏用スーツの選び方をチェック!

生地に注意しよう! 夏用スーツの選び方をチェック!

夏用スーツを着た男性

夏が近づき気温・湿度が上昇すると春用スーツでは暑く感じることがあります。そんなときこそ「夏用スーツ」の出番です。夏用スーツを選ぶ際には、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

ここでは夏用スーツの選び方のポイントや、スーツ選びの際の注意点をご紹介します。

 

夏用スーツの選び方のポイントは?

夏用スーツは他のシーズンと異なり、「涼しさ・快適さ」がキープできるものを選ぶことが大切です。

具体的にはどのようなものを選べばいいのか、以下のポイントを押さえておきましょう。

生地の素材・織り方には特にこだわろう

夏の暑さを少しでも軽減するには、通気性が良く軽い生地を使ったスーツが最適です。

例えばウールにコットンやリネンをミックスした生地なら、通気性・吸湿性も抜群で気持ちよく着られます。

また、「強撚糸」という細く強い糸で織られた生地もよく使われます。シャリっとした肌触りで通気性が良く、夏にピッタリの生地です。

ワンランク上の装いを求める方は、モヘアを使ったスーツも良いでしょう。モヘアは高級スーツの素材としてよく知られており、パリッとした質感と光沢が楽しめます。シワになりにくく品の良い印象を演出することができるため、特に気合を入れたい日にピッタリです。

素材にこだわるとともに、「ホップサック織り」「シアサッカー(しじら織り)」などの肌に張り付きにくい織り方の生地を使ったスーツを選ぶと、さらに涼しく過ごせるでしょう。

夏向けの高機能・ウォッシャブル素材

夏用スーツには、太陽光を反射して熱が伝わるのを防ぐ生地や、汗や湿気を吸収し、気化熱で涼しく感じさせてくれる生地などの高機能なものも多いです。また、たくさん汗をかいたときに便利なのが「ウォッシャブル機能」のあるスーツ。手洗いや洗濯機洗いができるスーツであれば、自宅でかんたんにケアができます。

生地の色も夏らしいものをチョイス

夏用スーツにはグレーやネイビーなどの涼しげな色をチョイスするのがおすすめです。いつもダークトーンのスーツを着ている方も、少し明るいトーンのスーツを選ぶだけで一気に爽やかな雰囲気に。

柄物のスーツを選ぶなら、夏らしく爽やかなチェック柄やストライプ柄が良いでしょう。

 

夏用スーツを選ぶ際の注意点は?

夏用スーツで人気のリネン生地は、リネン100%だとシワができやすく、扱いにくいと感じる場合も。

スーツにシワが寄っているとだらしない印象に見えてしまいますので、どうしてもリネンのスーツが欲しい場合は、ウールとミックスした素材を選ぶと安心です。

もしくは、もともとシワができにくい素材(モヘア混など)を選ぶようにしましょう。

また、夏用スーツは「裏地の仕立て方」でも快適さが変わります。秋冬用のスーツのように裏地が多いスーツは、通気性が悪く夏には不向きです。背中の大部分の裏地を省いた「背抜き」仕様や、背中・胴裏の裏地を省いた「半裏仕様」のスーツなら、涼しく快適に着こなせるでしょう。

 

夏の暑さに負けない! 涼しく、快適に過ごせるスーツを選ぼう

】爽やかな夏用スーツの男性

夏用スーツは生地の素材や織り方、仕立て方次第で快適に過ごせるようになります。また、涼しげな色を選ぶことで、季節感のあるスタイリッシュな着こなしも楽しめますよ。

ただでさえ暑く、不快に感じやすい夏。少しでも快適に過ごせるよう、スーツ選びにこだわってみましょう。

ゼニアには、夏専用ファブリックとして人気の高い「Cool Effect(クールエフェクト)」を利用した夏用スーツがあります。「Cool Effect」は生地の表面温度を10度下げることに成功した最新テクノロジーが採用されており、真夏の暑さの中でも快適に着こなすことができます。夏用スーツをお探しの方はぜひチェックしてみてください。

 

AT Mensの「Cool Effect」のページはこちらから

↓↓↓

https://atmens.co.jp/cool_effect/

 

キャンペーンページはこちらから