経営者がオーダースーツを着るべき三つの理由


「人は見た目じゃない」

良く言われる言葉ですが、そんな言葉が出る背景には、「人は見た目で判断されやすいもの」という事実が
あります。

人はどうしても、見た目の印象で人を判断してしまうものなのです。
ビジネスの場においても同様で、ビジネスマンとしてふさわしい格好をしていない人が信頼を得ることはで
きません。

 

経営者はオーダースーツがふさわしい

 


会社の顔である経営者の場合は、社員よりもさらに服装に気を配る必要があります。
ビジネスマンの基本はスーツですが、経営者が社員と同じような既製品のスーツを着ていることは望ましいことではありません。

立場に合わせて社員よりワンランク上のスーツを選ぶべきです。
素材や質にこだわったオーダースーツこそが、経営者にはふさわしいと言えるでしょう。


経営者がオーダースーツを着るべき理由① 顧客に与える影響


経営者がオーダースーツを着るべき第一の理由は、「顧客や取引先に与える印象が格段に良くなるから」です。
経営者の与えるイメージはそのまま、会社のイメージとなります。

きちんと採寸して身体にフィットしたオーダースーツは、お洒落で清潔な印象を与えます。
上質な素材を選ぶことで、経済的な余裕を感じさせることもできます。

経営者が自分に合った質の良いスーツを身につけることが、しいては会社の信用やブランド力を高めることにつながるのです。

 

経営者がオーダースーツを着るべき理由② 社員に与える影響


経営者がオーダースーツを着るべき理由の二つ目は、「社員に良い影響を与えるから」です。
経営者の恰好は、顧客や取引先だけでなく、社員にも影響を与えます。

経営者が服装に気を配らず、安価だったりフィットしていないスーツを着ていると、社員もそれで良いのだと思うようになってしまいます。
結果、会社全体がだらしない雰囲気になってしまうかもしれません。
服装や身だしなみに気を配らない経営者は社員から軽く見られる場合もあるでしょう。

経営者は社員を代表する立場として、社員が誇りに思えるようなお洒落さを身につけている必要があるのです。

 

経営者がオーダースーツを着るべき理由③ 自分に与える影響

 

 

社内外の人に与える影響ばかりではありません。

経営者がオーダースーツを着るべき三つめの理由は、「良いものを身につけることによって、自分自身の意識や姿勢が
変わるから」です。
きちんとフィットした、自分好みの質の良いオーダースーツを常に身にまとうことには、自分の立場や仕事に対する意識を高めてくれる効果があるのです。

また、良いものを身につけている自信が、仕事の成功にもつながるはずです。
カテゴリー: HOW TO, オーダースーツ講座コラム パーマリンク

こちらの関連記事もおすすめです!