オーダーメイドスーツの3つの種類について

オーダーメイドスーツの3つの種類について

仕立て中のオーダーメイドスーツ

より自分のスタイルに合ったスーツを手に入れるには、オーダーメイドでスーツを作ることをおすすめします。オーダーメイドの方法には、大きく分けて「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」の3種類があります。同じオーダーメイドと言っても、これら3つは異なるオーダー方法ですので、しっかり違いを把握しておきましょう。
ここではパターンオーダー、イージーオーダー、フルオーダーの違いをご紹介します。

パターンオーダーとは

パターンオーダーとは、「既製品のスーツの細部を、購入者好みのものに変更するタイプの」オーダーメイドです。
オーダーメイドの中では最も簡易的なものになり、既製品を手直しするといった印象に近いかもしれません。既製品のラインで製作されたスーツのディティールを、購入者が自分好みに変更するだけになりますので、基本的には既製品と変わりません。
袖丈や着丈の調整に加え、本切羽やチェンジポケット、ハッキングポケットやステッチなどを付け足すなどができます。
形は既製品のものでよく、ちょっとしたオプションを付け足したいというだけの方であれば、パターンオーダーで充分事足りるでしょう。

イージーオーダー

イージーオーダーは、体のサイズを採寸した後、縫製工場にある洋服の型紙の中から、自分の体形に最も合ったものを選びスーツを作っていく方法です。
選ばれた型紙をベースにして、スーツのデザインや体形補正を加えていき、スーツを仕立てます。デザインを自分で行えたり、体形補正ができたりするなど、オーダーメイドならではの特徴を持つ方法ですが、型紙自体はすでにあるものの中から選ぶことになりますので、完全なオーダーメイドとは言えません。
体形に特徴がある方や、ボタンの色や裏地のデザインなどにもこだわりたいという方にはイージーオーダーがおすすめです。

フルオーダーとは

オーダーメイドスーツを着た男性

フルオーダーはその名のとおり、購入するスーツのすべてについて指定できるオーダーメイドです。
使用する生地や糸、ボタン、裏地、サイズ、デザイン、付加するオプションなど、そのすべてをオーダーメイドできます。言葉通り「世界に一着しかないスーツ」を作成することが可能です。
一着のスーツを作るために、お客様と従業員が念入りに打ち合わせを行い、採寸、型紙の作成、仮縫いをし、再び最終チェックをしてから仕上げ縫いを行うことになります。職人が手作業で作成することが一般的で、どのようなデザインのものでも作り上げることが可能です。
値段はパターンオーダーやイージーオーダーと比べると高くなりますが、世界に一着しかない自分だけのスーツを作れることは、非常に魅力的であると言えるでしょう。

フォーマルな場で着ることが多いスーツ。自分の体形や好みに合ったものを作りたいものです。スーツをオーダーメイドする際は、ここで紹介したことを参考にして、自分の理想のスーツを作るようにしましょう。

 
Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ