スーツにコーヒーをこぼしてしまったら? シミの対処法

スーツにコーヒーをこぼしてしまったら? シミの対処法

こぼれたコーヒーと倒れたカップ
不注意でスーツにコーヒーをこぼしてしまったら、どのように対処すればよいでしょうか。シミの対処には適切な応急処置が大切で、その対応をしたかどうかでシミの落ち方やその後の対応が変わってきます。そこで今回は、コーヒーのシミの特徴と自分でできる2つの対処法、それでも落ちなかった場合の対処についてお伝えします。

 

コーヒーによるシミに対処するポイント

打ち合わせや会議、商談などに限らず、一息入れたいときに飲むなど、コーヒーはビジネスシーンによく登場します。
しかしその分、こぼしたり、こぼされたりなど、大事なスーツにシミを作ってしまうという可能性も高いです。
プレゼンの前や大事なお客様にこれから会うというとき、せっかくのスーツにコーヒーのシミがあったら大変です。

そのようなとき、コーヒーのシミの特徴を知っていると対処に役立ちます。
シミには大きく分けて油性と水性の2種類があり、コーヒーのシミは水溶性ですから、基本的には水で対処できると覚えておきましょう。
このほかに水溶性のシミには、しょうゆやジュースがあり、コーヒーと同じ方法で対処可能です。

 
 

スーツにコーヒーをこぼしてしまったときの2つの対処

シミにならないようにするためには、できるだけ早めに対処することが大切です。
外出先や出張時などの出先では応急処置をし、帰宅してからシミ抜きをしてください。

出先での応急処置
・ティッシュとハンカチを用意する
・ティッシュペーパーに水を含ませ、シミ全体を湿らせる
・シミの裏側にハンカチを当てる
・シミの表面を乾いたティッシュペーパーでトントンと叩くようにする
・シミが広がらないように、シミの周辺から中心に向かっておこなう
・ハンカチを確認し、シミの色が移っていたら、色戻りをしないようハンカチの別の部分を使う
・仕上げに乾いたティッシュで水分をよくとる

慌ててシミの表面をなぞるようにして何度もこすらないようにしましょう。
汚れがひどいときは、ハンドソープや石鹸を少しだけ使います。

自宅での処置
・乾いたタオルと使い古しの歯ブラシを用意する
・タオルを敷き、スーツのシミがついた側をタオルに当てる
・歯ブラシを濡らして、応急処置と同じ要領でシミの色がなくなるまで叩く
・タオルに色が移ったら、タオルの場所を変える
・仕上げにタオルで水分をよくとり、乾燥させる

 
 

それでもスーツのシミが目立つ場合

マグカップを持った笑顔のビジネスマン

応急処置に加えて自宅で処置をしてもシミが目立つ場合には、自宅で洗濯ができるかどうかを確認します。
スーツの内側にある洗濯表示に洗濯ができる、できないなどをはじめとして、どのように洗濯するかの注意事項が書かれていますので、よく読みましょう。

自宅で洗濯ができない場合には、クリーニングに出します。スーツを渡すときに、コーヒーによるシミがあることとその場所、いつできたシミなのかを伝えましょう。
スーツのクリーニングはドライクリーニングといって油性の溶剤を使用しますので、水溶性のシミとは相性がよくありません。
別途シミ抜きを依頼する必要があるか確認をしてください。

しかし、放っておくとコーヒーが酸化して変色し、気がついたら頑固なシミとなってスーツを台無しにしてしまいかねません。
そうなってしまってから後悔しないように、早めに対処することをおすすめします。

 
 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ