【2023年版】スーツに合うトレンドのコートとは? 選び方を解説!

【2023年版】スーツに合うトレンドのコートとは? 選び方を解説!

おしゃれなビジネスマンが拘りたい冬のアイテムと言えば「ビジネスコート」。

今年はどんなコートを新調しようかと、悩まれている方もいるかもしれません。

 

そこで今回は、スーツに合うコートの選び方について改めてご紹介いたします。

スーツに合うコート選びで注目したい点として、カラー選びやサイズ感についてチェックしておきましょう。

 

また、コートをスタイリッシュに着こなすための、スーツとの合わせ方のコツについてもご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

スーツに合うコートの選び方

ビジネスコートを選ぶ際は、スーツに合うコートを選ぶことがまずは大切です。

ここでは、カラー選びとサイズ感について注目して、それぞれ選び方のポイントをご紹介いします。

 

<カラーの選び方>

ビジネスコートとして活躍するコート選びでは、カラー選びはとても重要です。

手持ちのスーツに合わせるコートなら、グレー、ネイビー、ベージュ、ブラックといったベーシックカラーを選びましょう。これらの色を選ぶことで、ビジネスシーンにおいても洗練された印象を与えることができます。

明るめの色はカジュアルな印象を与えるため、着用していく場を選びます。反対に暗めの色は取引先への商談の場などを含め、どんなシーンでも対応できるでしょう。

 

<サイズ感>

コート選びで意外と見落としがちなのがサイズ感。スーツの上だからと大き目サイズを選んでしまう方もいますが、大きすぎるとだらしない印象になってしまうこともあります。

 

コートのサイズ感は、次のポイントをチェックしましょう。

・肩:スーツを着用した際の肩サイズとぴったり合ったもの

・袖丈:スーツの袖が見えず、親指の付けが隠れない長さ

・着丈:ジャケットの丈が隠れ、膝より上の長さ

 

着丈については、トレンドによって膝下のコートに人気が集まることもあります。

丈が長めのコートはドレッシーな印象を与えてくれますが、小柄の方や長く着用したい場合は膝上丈がバランスの良い印象となるでしょう。

コートをスタイリッシュに着こなすためのコツ

「ステンカラーコート」と並び、ビジネスコートの定番とも言える「チェスターコート」は、スマートでかっちりとした印象を与えて相手に与えてくれます。

チェスターコートは、もともと貴族の正装として広まった歴史あるフォーマルコート。今でもスーツの上に羽織ることを前提として作られているため、シルエットがキレイに出ます。

マフラーなどの小物で着こなしにアレンジを加えることもできるので、飽きずに着用できるでしょう。

 

一方で、新たなトレンドを意識したコートの着こなしなら、スーツとのかけ合わせに注目しましょう。

ポイントは色味のかけ合わせです。

 

正統派とも言える「グレー」のチェスターコートのなかでも、「ライトグレー」では明るい印象に、「チャコールグレー」ではシックでスタイリッシュにと、印象がかなり変わります。

スーツの色味に合わせた濃度のコートを選ぶことで、全体的にまとまりのあるコーディネートを演出できるでしょう。

 

スーツに合うコート

スーツに合わせるコート選びについてご紹介いたしました。

スーツとコートのコーディネートは、冬のおしゃれなビジネススタイルを作る上で欠かせません。

 

シャツ、スーツ、ネクタイ、コート、そしてマフラーなど、アイテムが増える冬の季節は、色味や濃度に統一感を持たせることで、上品でスタイリッシュな着こなしを実現することができます。

自分らしいスタイルを追求し、冬のおしゃれを楽しんでみてください。

キャンペーンページはこちら