出張向きのスーツはどう選ぶ? 快適に着られるスーツの選び方

出張向きのスーツはどう選ぶ? 快適に着られるスーツの選び方

仕事で出張をする際、シワや型崩れに悩まされる方は多いものです。また、長時間の移動中にスーツの中で体が縮こまり、疲れてしまうという方も多いのではないでしょうか。出張中に快適な状態で過ごすには、スーツの選び方がポイント。ここでは、出張を快適にするスーツの選び方をご紹介します。

出張を快適にするスーツとは? 選び方のポイント

出張では長時間座ったまま移動をすることも多く、「スーツにシワが入ってしまう」「型崩れが起きる」などのトラブルが発生しがち。また、スーツを着たまま長時間同じ姿勢でいることで、体が凝って疲れてしまう場合もありますよね。

 

出張によくある悩みを解決するには、スーツの機能性に注目するのがポイント。次のようなスーツは、出張に向いています。

防シワ加工が施されている生地を使ったスーツ

長時間座っているとスラックスにシワが寄ってしまう、というのはよくある悩みです。これは同じ姿勢でいる時間が長く、ひざやお尻など同じ部分に力が加わり続けることが原因です。

 

そのような場合におすすめなのが、防シワ加工ありの生地で仕立てられたスーツです。防シワ機能のある生地は弾力に富んでおり、長時間同じ姿勢でいてもシワが付きにくい特徴があります。美しい見た目をキープしやすく、お手入れもグンとラクになるため、出張時にはぜひ取り入れてみてください。

ストレッチ性のあるスーツ

長時間同じ姿勢で移動する出張では、体が疲れやすいという方も多いでしょう。出張の疲れを軽減するには、ストレッチ性のある生地で仕立てたスーツを選ぶことも重要です。

一般的なスーツ店では、ストレッチ性のある生地として伸縮性のあるポリウレタンなどを混ぜたスーツが販売されています。ただし、ポリウレタンは経年劣化しやすいため、長く着用するには向きません。

最近ではウール100%でストレッチ性に富んだ生地も開発されています。ウールのスーツは手入れ次第で長く着られる素材ですので、出張はもちろん、普段のビジネススーツとしてもおすすめです。

 

なお、出張時のスーツは12日なら1着でかまいません。一方、34日程度の場合は2着あるとベター。2着あれば着回しがしやすく、「同じスーツを着ている」という印象も避けられます。

出張では事前準備が大切! スーツ以外に必要なものは?

出張で快適に過ごすにはスーツ選びが大切です。さらに快適に過ごすには、次のポイントを押さえておきましょう。

シャツは形状記憶タイプがおすすめ

出張時はなるべくアイロンがけの手間を減らしたいものです。そのため、持参するシャツも形状記憶タイプがよいでしょう。形状記憶シャツならシワになりにくく、シワがついても洗って干せば元通りのキレイな状態になるので、お手入れの手間が省けます。

シャツは出張の日数と同じ数だけ持参するとよいでしょう。

ネクタイは替えを持っていくと印象を変えられる

出張時にはネクタイの替えを持っていくと、コーデの印象を変えられるので便利です。また、万が一汚れてしまったときにも役立ちます。12泊の出張では予備として1本を、3泊以上の出張では13本を持っていくとベターです。

着心地が重要! 出張を快適にするスーツを選ぼう

出張中のスーツ姿の男性

出張中も快適に過ごすには、スーツの機能性にこだわることが大切。伸縮性や防シワ加工、撥水加工が施された生地のスーツを選んでみましょう。また、持参するシャツを形状記憶タイプにするなど、アイロンがけの手間を減らす工夫をするのもおすすめです。アイロンがけの手間が減れば、休息や現地での食事・観光などを楽しむ時間に充てやすくなります。

出張を楽しみたいビジネスパーソンは、スーツやシャツ選びにもこだわってみましょう。

キャンペーンページはこちら