内定者懇親会に着て行くスーツの選び方とは?

内定者懇親会に着て行くスーツの選び方とは?

就活を経て内定後に行われる内定者懇親会に、どのような服装で参加したらよいのか、迷う方は多いようです。内定者懇親会の目的は、内定者同士の交流がメインではあるものの、入社後に同期となる内定仲間だけでなく、人事担当者や先輩社員、そして会社の上層部の役員までもが参加する場合もあるので、スーツ選びには注意したいものです。

内定者懇親会に着ていくスーツの選び方

内定者懇親会に着ていくスーツ選びはズバリ、スーツ指定の場合は「リクルートスーツ」、私服指定の場合は「オフィスカジュアル」です。

まずは、会社からどのような指定があるのかをチェックしましょう。

それぞれのポイントについて見ていきましょう。

スーツ指定の場合のポイント

スーツ着用の指定がある場合は、内定者懇親会はあくまでも採用活動の一環で行われると考えられます。そのため、内定者懇親会に着ていくスーツも、リクルートスーツの着用が無難でしょう。

スーツやシャツ、小物なども就活に準ずるもので参加するようにしましょう。

私服指定の場合のポイント

内定者懇親会の服装を「私服」で指定された場合、一般的にはオフィスカジュアルのスタイルを選ぶようにしましょう。私服指定の内定者懇親会の場合は、気楽に内定者同士の親睦を深める場にして欲しいという採用担当者の心遣いが予測されます。そのため、リクルートスーツでは堅苦しいと思われたり、意向に添わない選択をしたことを失礼だと受け取ったりしてしまうケースもあります。

 

「私服」といっても、普段の学生が着用する私服ではなく、社会人のオフィスマナーに沿った私服を着用します。派手な色柄、デザイン、露出が多いもの避けて、清潔感のある落ち着いたコーディネートにしましょう。

 

男性の場合は、ジャケットとシャツにパンツの組み合わせです。ネイビーやチャコールグレーなど落ち着いた色のジャケットを選びましょう。シャツはワイシャツまたはポロシャツ、パンツはスラックスやチノパンを選びます。

 

女性の場合は、ブラウスやシャツに、スカートまたはズボンの組み合わせが無難です。ホワイト、ベージュ、グレー、ブラックなどの落ち着いた色でまとめます。差し色としてパステルカラーを取り入れてもよいでしょう。ブラウスやシャツは透けないように注意しましょう。

服装自由の場合のポイント

懇親会の服装

服装について特に指定がないと、最も悩むところです。

会社の業種や開催形態などによっても異なりますが、指定がない場合は、会場が会社の場合はリクルートスーツ、ホテルやレストランの場合は、オフィスカジュアルにするという判断もできるでしょう。また、迷ってしまったときは、リクルートスーツにしておくか、会社の担当者に直接問い合わせてみるとよいでしょう。

キャンペーンページはこちら