就活で好印象を残す! 最新版リクルートスーツの選び方

就活で好印象を残す! 最新版リクルートスーツの選び方

人の印象は第一印象が重要であることはご存知の通り。就活においても、好印象を残すためにはリクルートスーツの着こなしが大きな決め手となります。

就活において、どんなスーツを選んでいるかは、つまりは社会人にふさわしいマナーが身に着いているかどうかの判断にもなり、また、上手く着こなせているかどうかは、自分自身を客観視できているか、という見極めにも繋がります。

リクルートスーツとビジネススーツは何が違う?

リクルートスーツと言えば、ビジネススーツと何が違うのか、という疑問を持たれる方もいるかもしれません。

 

リクルートスーツとは、就職活動中に企業説明会や面接などの際に着用するためのスーツで、一般的にはブラックやネイビーなどの落ち着いた色の無地柄と決まっています。

多くのリクルートスーツは、シワになりにくい素材として、ポリエステル混素材が用いられているのも特徴です。

 

それに対し、ビジネススーツは就活を終え、入社後に着用するスーツで、色や柄、そして素材の選択肢が格段に広がります。

リクルートスーツに比べ、ビジネススーツは長期にわたって使用するため、一般的にウールなどの丈夫な生地で作られています。

 

とはいえ、就活を終えたばかりの新入社員の間は、ビジネスの場でもしばらくはリクルートスーツを着用して仕事をする人も少なくありません。

リクルートスーツの選び方

色の選択

リクルートスーツの色は、ブラック、そしてネイビーやグレーです。

ブラックはキリっとした印象を与えてくれるため、就活では一番人気の色となっています。ネイビーは賢く清潔感がある印象を与えてくれます。ひと口でネイビーと言っても色々あるなかで、鉄紺と呼ばれる濃い紺色が好印象です。グレーではトップタイプと呼ばれる霜降りタイプでチャコールグレーという濃い色を選ぶと良いでしょう。

また、リクルートスーツでは、無地が鉄則です。柄物はビジネススーツで楽しまれることをおすすめします。

機能性

リクルートスーツ選びでは、機能性を重視することで、着こなしに差が出ます。

生地に伸縮性のある「ストレッチ素材」は動きやすく、スーツスタイルに慣れていない就活生でも、元気に自分らしさを出せるでしょう。

シワのつきにくい「防シワ加工機能」もおすすめです。スケジュールが詰まっている時でも常にスタイルを崩さずビシッと着こなせるでしょう。

また、「ウォッシャブル機能」のスーツなら、汗などの汚れも、クリーニングに出さなくても自宅の洗濯機でリフレッシュさせることができます。

試着時のチェックポイント

リクルートスーツは、シンプルなだけにフィット感が大切です。とは言っても立ち回りで窮屈感が出ないよう、多少の余裕も必要です。

選ぶ際は、かならず試着をして次の点をチェックしましょう。

 

・ジャケットのボタンを留めた状態でシワがよっていないかどうか

・腕を上げ下げした時に、動作に余裕があるかどうか

・椅子に座った時に、お腹や腰回りに窮屈感がないかどうか

リクルートスーツでライバルに差をつけよう

リクルートスーツの選び方

リクルートスーツ選びには、色柄選びを抑えることはもちろん、着こなしを重視することが大切です。

もし、既製品でしっくりこない場合は、オーダースーツにするのも手です。自分にぴったりな1着を作り、ライバルに差をつけましょう。

キャンペーンページはこちら