転職面接ではどんなスーツを着るべき? 色選びやマナー

転職面接ではどんなスーツを着るべき? 色選びやマナー

新卒の際の面接では、リクルートスーツが基本とされていますが、中途採用の際の面接ではどのようなスーツが良いのでしょうか。

転職活動においても、面接時の服装は面接官への第一印象を決める大きな要素です。

そこで、転職面接での服装はどのような着こなしをしたらよいのか、色選びやマナーについてご紹介いたします。

転職面接での服装マナーとは?

転職面接で好印象を与えるための服装のマナーに関して、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

 

1.清潔感

相手への印象を大きく左右するのが、服装に清潔感があるかどうかという点です。

普段クローゼットの奥にしまっているスーツなら、早めにチェックして汚れやシワ、臭いがあるようならクリーンングに出すようにしましょう。

 

2.サイズ感

着用するスーツは現在の体形にフィットしていますか? 肩幅やウェスト周り、太股まわりが合っていないと、だらしない印象を与えてしまいますので、サイズ感を確認しましょう。

 

3.TPO

転職面接へ来ていくスーツは、一般的なビジネススーツが適しています。

あくまでも面接なので、カジュアルすぎて相手に失礼とならないよう、社会人としての常識を備えたTPOをわきまえた服装を着用しましょう。

また、転職面接でリクルートスーツを着ていくと、社会人経験が未熟で頼りない印象を与えてしまうので避けましょう。

転職面接での服装ポイント

転職面接のスーツ

<男性>

紳士服専門店などに並ぶ「ビジネススーツ」と呼ばれる、セットアップスーツの着用が基本です。色は黒、ネイビー、落ち着いたグレー、デザインはシングルボタンのテーラードなどオーソドックスなものを選びましょう。

特に、銀行や金融系、メーカー系などでは、落ち着いた色味が好まれます。

 

スーツの柄は無地が基本ですが、目立たないストライプなどでしたらOKです。また、シャツの色も白が基本ですが、薄い青系でもOK。ボタンダウンはカジュアルシャツにあたるので、面接の場面では控えましょう。

 

<女性>

女性においても、黒、ネイビー、グレー系など、落ち着いた色味のセットアップスーツがおすすめですが、特に指定がなければジャケットの着用でもOKです。

ボトムは膝丈のタイトスカートまたはパンツとし、ミニスカートやロングスカート、ワイドパンツ、スキニーパンツなどが避けましょう。

 

インナーは、シャツやブラウスのほか、カットソーでも構いませんが、清潔感を重視した淡い色を選ぶようにしましょう。

キャンペーンページはこちら